アップリカ スティック プラス 2012年モデル Aprica ベビーカー

アップリカ スティック プラス Stick plus 2012

アップリカ スティック プラスの2012年モデルはまだまだ人気。
スティック プラスの人気はここから始まったといってもいいでしょう。

 

路面近くのホコリや熱気、冷気から、
大事な赤ちゃんを守ってくれる「ハイシート50」。

 

今では「ハイシート53」のスティック プラス 2013年モデルも
発売されていますが、地上高50cmでもその効果は十分ですよね。

 

stickplus2012 stickplus2012 stickplus2012

 

直射日光・紫外線から赤ちゃんをガードしてくれるサンシェードが装備されていて、
風を通して熱をカットしてくれるWサーモメディカルシステム搭載モデルだから、
ママ、パパ、そしてもちろん赤ちゃんにだって、とってもうれしいバギー型ベビーカー。

 

アップリカ スティックプラス 2012の製品データ

使用期間:首がすわってから → 生後36カ月まで
体重制限:15kg以下
サイズ 開:W485×D855×H1045(mm) 閉:W320×D260×H985(mm)
重さ:5.9kg (サンシェード装着時:6.0kg)
リクライニング角度:110°~140°
安全性:製品安全協会A型SG合格品
品番:インディヴィレッド : 92693(3)・インディヴィグリーン : 92694(0)
ジュエルサックス : 92691(9) ・ジュエルブラウン : 92690(2)
コスモポリタンブラック : 92695(7)・コスモポリタンカーキ : 92696(4)

 

口コミまとめ

 

→見た目のスタイリッシュさは、一見頼りなさそうに見えるのに、意外にしっかりした作りが購入した人からのよい口コミ。

 

→閉じたときのA4サイズも場所をとらなくてすごく便利なのも好評です。

 

→パパやママの姿勢を無理せずに使えることが人気の理由。もちろん、ハイシートだから赤ちゃんだって快適なはず?

 

 

 


アップリカ スティック プラス2012年モデル関連ページ

Air Buggy(エアバギー)
日本発のベビーカーAir Buggy(エアバギー)を紹介しています。
Aprica(アップリカ)
日本発のAprica(アップリカ)を紹介しています。
Combi(コンビ)
日本発のベビーカーCombi(コンビ)を紹介しています。
richell(リッチェル)
日本発のベビーカーrichell(リッチェル)を紹介しています。
katoji(カトージ)
日本発のベビーカーkatoji(カトージ)を紹介しています。
ZOLO(ゾロ)
日本発のベビーカーZOLO(ゾロ)を紹介しています。
pigeon(ピジョン)
日本発のベビーカーpigeon(ピジョン)を紹介しています。
Goodbaby(ヒロセ)
日本発のベビーカーGoodbaby(ヒロセ)を紹介しています。
エンドー
日本発のベビー育児用品・子供のりもの総合商社エンドーを紹介しています。
SPJ(メディテレーニアン)
SPJのメディテレーニアンは機能性と質感を追及して現役パパが日本発のベビーとして作っちゃいました!
日本育児
日本育児はベビーゲートで有名な会社。でも二人乗りベビーカーだったらお任せください。
hugme(ハグミー)
hugme(ハグミー)はKATOJIのオリジナルブランド。とっても斬新で機能的なベビーカーがいっぱい!
JTC
日本のベビーアイテムブランドJTCを紹介しています。