バギー ベビーカー

バギータイプベビーカー

バギータイプベビーカーの特徴とは?

A型にもB型にもあてはまらないし、B型よりももっと軽量で小さいタイプ、そして3バギーでもなく4輪バギーだけを特にこのバギータイプとしています。

 

このバギータイプベビーカーは、当サイトだけの決めごとですからご注意くださいね。

 

そのメーカーがバギータイプといえばバギーなのかな?

 

持ち運びや収納が便利ですし、車にいつも積んでおいても邪魔にならないし、傘のように小さく折りたためるタイプはアンブレラストローラーとも呼ばれていたりしてバギータイプはとっても人気。

 

当然価格が安いものも多いから、2台目・3台目としてもとっても人気のタイプです。

 

アップリカ スティック 2014

逆に値段は少ししますが、大変人気のバギータイプに、アップリカ スティック 2014があります。

 

軽量とは言えない5.7kgですが、ママが片手で簡単に開閉できて、立ったままでもスリムに自立するからじゃまになりません。

 

ハンドル型状にもこだわっていて、小回り性能をアップするために進化し続けているモデルです。


そしてバギータイプなのに、A型、B型のいいとこどりの機能が多彩。
リストワンタッチリクライニング
2012年モデルからの新機能として「ワンタッチリクライニングベルト」で片手でリクライニングが可能になっています。
従来製品ですと、リクライニングを上げるとき両手での操作が必要でしたが、進化した構造で片手でのリクライニング操作が可能となり、お出かけ中に眠くなっても簡単に角度調節ができるようになりました。

 

そして何と言ってもフルリクライニングの170°となったことで、生後1ヶ月から使えるようになったのもすごいですよね!

 

リスト乗り心地も快適
バギータイプゆえの弱点だった乗り心地にもこだわり、安定感のあるワイドタイヤと路面から伝わる振動を吸収するサスペンション採用で乗り心地も快適です。

 

リスト大きな日よけ
フルカバーとなった大きなシェードだから、安心して日差しの強い時でもお出かけできますね。

 

リストハイシート53
全モデル2013年タイプから引き継ぐ「地上53cm」という高い座面位置。

 

夏場の熱い路面から赤ちゃんを遠ざけてくれて、快適さを維持してくれますし、アレルギー性疾患の一因と考えられている、路面近くのホコリや排気ガスから赤ちゃんを遠ざけてくれる効果だってあります。

 

えっと、バギータイプベビーカーの説明だったのに、代表的なスティック2014の説明ばかりになってしまいました♪

 

こんなタイプがバギータイプベビーカーなんですよね!

 

使用時期


バギータイプベビーカー関連ページ

A型ベビーカー
A型はまず最初に購入を考えるベビーカー。A型ベビーカーの特徴や使い勝手などを紹介します。
B型ベビーカー
B型は生後7月頃から使えるベビーカーで軽量、コンパクトが特徴です。B形ベビーカーの特徴や使い勝手などを紹介します。
インポート(海外)ベビーカー
インポート(海外)ベビーカーは海外セレブ愛用などで人気のタイプ。しかし、安全性や大きさなどよく見極めて購入しましょう。
3輪バギーベビーカー
3輪バギーベビーカーは走行性を重視して作られているのがほとんど。快適に走行するためにタイヤが大きく、サイズも大きいものが多いですよね。
トラベルシステム
ベビーカーとベビーシートが一体化したトラベルシステム。ちょっとわかりにくいから解説します。