B型 ベビーカー

B型ベビーカー

B型ベビーカーの特徴

SGマークでおなじみの国内安全基準によれば、
座位姿勢で使用する乳母車であり、おすわりができる時期から使用でき、最長でも48月までの間で試用期間を定めた乳母車
となっています。

 

適用月齢の指定例:「7月から48月まで」「12月から36月まで」

 

B型ベビーカー

B型ベビーカーはA型と違って、軽くて持ち運びがしやすいものが多い。対面式ができないこともあって可動部が少ないため、比較的丈夫な仕上がりになっています。

 

首が据わってからでないと使うことができないため、生後7月程度からしか使えませんリクライニング機能は付いていないか、あってもほんのちょっと倒れるだけ。

 

最近では、A型のデメリットを改善したベビーカーが発売されるようになってきたため、今までのように完璧なB型は影を潜めるようになりました。

 

最初に購入をするのがA型である場合も多いため、各メーカーもB型タイプの商品数は少なめなようですが、下の子が生まれて上の子にベビーカーを購入するときや、最初のA型では重すぎて買い換える場合など、B型を必要とする場面はけっこうあると思います。

 

B型のメリット

軽い。
持ち運びがしやすい。
コンパクト。
可動部が少ないので強い。
ハンドルが高め。
価格が安い。

 

B型のデメリット

対面式ではない。
首が据わらないと使えない。
使用期間が短い。


使用時期


B型ベビーカー関連ページ

A型ベビーカー
A型はまず最初に購入を考えるベビーカー。A型ベビーカーの特徴や使い勝手などを紹介します。
バギータイプベビーカー
バギータイプベビーカーはB型より軽量でコンパクトなのが特徴。最近はより高機能のバギータイプもあってますます人気のタイプとなっています。
インポート(海外)ベビーカー
インポート(海外)ベビーカーは海外セレブ愛用などで人気のタイプ。しかし、安全性や大きさなどよく見極めて購入しましょう。
3輪バギーベビーカー
3輪バギーベビーカーは走行性を重視して作られているのがほとんど。快適に走行するためにタイヤが大きく、サイズも大きいものが多いですよね。
トラベルシステム
ベビーカーとベビーシートが一体化したトラベルシステム。ちょっとわかりにくいから解説します。