アップリカ スティック プラス 2013 口コミ

アップリカ スティック プラス 2013の詳細と口コミ

人気のスティックプラス2013年モデル。

 

2013年モデルは一目惚れするインパクトのあるスタイルで機能もスマート。
個性的なベビーカーを主張するバリエーション豊かな6色展開。

 

2012年モデルで好評だったハイシート50がより進化してハイシート53に。

 

「地上53cm」という高い座面位置だから、
夏場の熱い路面から赤ちゃんを遠ざけてくれて、快適さを長い時間キープ。

 

アレルギー性疾患の一因といわれている、
路面近くに漂うホコリや排気ガスから大切な赤ちゃんを遠ざけてくれる効果も抜群です。

 

楽天市場でスティックプラス 2013の最安値は?

 

アマゾンでスティックプラス 2013の最安値は?

 

アップリカスティックプラス2013 アップリカスティックプラス2013 アップリカスティックプラス2013

その見た目のスマートさはさすが。
スタイリッシュさは、そのスタイルからきているんですね。
ハンドルの位置が高いから、押して歩く姿も美しいし、
パパもその高さからかっこよく押すことができちゃいます!

 

それに加えて機能だってスマートなんです。
進化したハイシート53、サッとたためて安定自立しますから、
置き場所に困らないのもいいですね♪

 

しっかり日光・紫外線をガードしてくれるサンシェードに、
振動を抑えるサスペンションや赤ちゃんが快適なクッションなどなど、
機能だってとってもスマートだから人気なんですね!

 

アップリカ スティック プラス 2013の口コミは?
→ハイシートが53cmになったことが決め手です。
作りの良さはさすが日本メーカー(といってもMADE IN CHINAですが)です。
紫外線、直射日光をガードするサンシェードも猛暑時、赤ちゃんを守るには有難い設計、機能です。

 

→下部の荷物を入れるところも思ったより多く入れることができるので重宝しています。
また、折り畳んだときのコンパクト性は想像以上にスペースを取ることもなく快適。

 

→機能美的な美しさもあり、性能・見た目ともにおすすめいたします。

 

口コミまとめ
そのデザインと操作性に惹かれて購入する方が多いこと多いこと。

 

あまりに人気がありすぎて、気付いたら周りのベビーカーがみんなスティックプラスなんてことは無いでしょうね?

 

そのシュッとしたデザインは、ハイシート53という実用面も兼ね備えた結果のスタイリッシュさなんですね♪

 

赤ちゃんが快適になるためのハイシートなのに、デザイン性にも一役買っているのですね。
機能面は、折り畳んだときのコンパクトさや、軽さ(5.9kg)、自立できることなどいいとこばかり。

 

また、走行性能も高剛性フレームとサスペンションでフレーム自体の振動を軽減してくれるから、快適な乗り心地と押しやすさを実現していてこれも○。

 

楽天市場でスティックプラス 2013の最安値は?

 

アマゾンでスティックプラス 2013の最安値は?

 

 


アップリカ スティック プラス2013の詳細と口コミ関連ページ

Air Buggy(エアバギー)
日本発のベビーカーAir Buggy(エアバギー)を紹介しています。
Aprica(アップリカ)
日本発のAprica(アップリカ)を紹介しています。
Combi(コンビ)
日本発のベビーカーCombi(コンビ)を紹介しています。
richell(リッチェル)
日本発のベビーカーrichell(リッチェル)を紹介しています。
katoji(カトージ)
日本発のベビーカーkatoji(カトージ)を紹介しています。
ZOLO(ゾロ)
日本発のベビーカーZOLO(ゾロ)を紹介しています。
pigeon(ピジョン)
日本発のベビーカーpigeon(ピジョン)を紹介しています。
Goodbaby(ヒロセ)
日本発のベビーカーGoodbaby(ヒロセ)を紹介しています。
エンドー
日本発のベビー育児用品・子供のりもの総合商社エンドーを紹介しています。
SPJ(メディテレーニアン)
SPJのメディテレーニアンは機能性と質感を追及して現役パパが日本発のベビーとして作っちゃいました!
日本育児
日本育児はベビーゲートで有名な会社。でも二人乗りベビーカーだったらお任せください。
hugme(ハグミー)
hugme(ハグミー)はKATOJIのオリジナルブランド。とっても斬新で機能的なベビーカーがいっぱい!
JTC
日本のベビーアイテムブランドJTCを紹介しています。