ベビーカーを見ていると、よく見るんですがよくわからない言葉ってありますよね?
そんな気になる言葉を解説します。

並行輸入品と正規輸入品

並行輸入品

そのベビーカーを扱っているメーカーなどから、正規のルート以外で輸入されたベビーカーのことです。
正規に対して、別のもう一つのやり方という意味で並行と呼ばれています。
並行輸入品であるベビーカーは、そのベビーカーと関係のない会社などが、一般に流通しているベビーカーを買い付けたもののため、通常は返品ができないとか、正規品ならあるアフター保証がなかったりします。
もちろん、円高の時には安く海外で買い付けできたり、正規輸入品のように、値崩れを抑制する方法がないので、輸入して安く売ることが多くなるため並行輸入品=安いってなっているわけです。
しかし、日本で売っているショップでも、その点は理解していますから、独自の保証を付けていたりする場合もありますので、よくその商品のことを調べてみるといいと思いますよ。

正規輸入品

海外メーカーの日本法人や日本支社が日本にあって、その会社がベビーカーを日本に輸入する場合や、海外メーカーの契約関係にある、いわゆる正規代理店が日本に輸入する場合のことです。

<% pageTitle %>” /></p>
<p><a href=並行輸入を知ろう!日本流通自主管理協会

並行輸入品は悪いことなの?

実は、むかしは並行輸入品は違法とみなされていました。
しかし、1970年(昭和45年)の判決(大阪地裁昭和45年2月27日判決(PARKER判決)において、一定の要件の下、「真正品の並行輸入は国内商標権者の権利侵害を構成しない」とされ、初めて「並行輸入は実質的違法性が無い」という判断がなされました。
つまり、きちんと海外で仕入れた本物を日本に輸入して売ったとしても、日本の正規輸入品に対して、何ら問題ない行為ですよとなったってことです。
だから、並行輸入品というだけで悪いってイメージがあるのは間違いってことですね。

並行輸入品が悪いイメージになってしまったのは?

ブランド品などの偽物が日本で売られていて、ニュースになったのを見たことがありますよね。
ブランド品などの偽物を日本で売る場合、残念ながら並行輸入品として仕入れている場合がほとんど。
また、世の中に流通するルートも正規輸入品と違って、よくわからない場合が出てきてしまいます。
だから、並行輸入品=偽物?って思っている人もいるかもしれません。
しかし、決してそんなことはなくて、一部の人がおこなった行為が、並行輸入品のイメージを悪くしていることを理解していただけましたか?
並行輸入品も正しく利用すれば、良いものをより安く買えたりするのですから、
それだけで避けて通るばかりでは、お得に購入する方法を見逃しているかもしれません。