A型ベビーカーの特徴

SGマークでおなじみの国内安全基準によれば、
新生児期を過ぎたまだ首が据わらない乳児から、又は一人でおすわりができる(腰がすわる)月齢になる前から使用でき、最長でも48月までの間で使用期間を定めた乳母車
となっています。
適用月齢は「1月から48月まで」「4月から48月まで」などがあります。
A型ベビーカー

寝かせた状態でも使用できるように、背もたれが限りなくフラットになるのが特徴で、円滑な走行や転倒しない安定性や振動を抑制したり、衝撃を吸収するように作られています。
つまり首の据わらない子が、頭をベビーカーにつけた状態になるため、ベビーカーへの振動がまともに赤ちゃんの頭に伝わらないような機能を備えたものともいえますね。
今では機能面でとっても優れているA型ですが、2000年ごろまではA型といえば重量もありタイヤのサイズも大きいものが大部分でした。
そんな当時のA型にB型のいいところをプラスしたのが、最近では無くなったその当時のAB型であって、2004年のSG基準改正によりA型と同じ分類になりました。
ちょっと前までは、A型のベビーカーは2歳ごろまで使用できると書かれているものがほとんどでしたが、最近は36ヶ月、つまり3歳まで使用できるA型ベビーカーがほとんどです。
また、現在タイヤが小さく、軽量タイプのものがA型の主流となっていますが、これは当時のAB型の流れを汲むものとなっています。
A型の特徴として、寝かせた赤ちゃんと向き合うように、ハンドルを切り替えることで対面式になるものがほとんど。
このタイプには、赤ちゃんがリクライニングで寝て使う事が多いため、大きな幌が付いているものが多くて暑い季節には大変重宝しますから、夏に近づくとA型+大型幌のタイプが人気になる傾向があります。
逆に寒い時期には、フットマフなどを別で購入して装着すればいいので、暑い時期にどれほど快適に過ごせるかっていうのがとっても大事になってくると思いますよ。

A型のメリット
タイヤがB型より大きいものが多く安定性が高い。
乗りごごちが良い。
振動、衝撃の点でB型より頑丈で安心なものが多い。
リクライニングができる。
かごが大きい。
A型のデメリット
価格が高いものが多い。
重量がある。
大きい。
小回りが利かない。



使用時期